鄙のビジネス書作家のブログ

鄙で暮らす経営コンサルタント(中小企業診断士)・ビジネス書作家六角明雄の感じたことを書いているブログ

労働環境の改善が売上増加につながる

[要旨]

一般のお店では3時間かかる、厨房設備の掃除が、サイゼリヤでは9分でできるようにするなど、従業員の負担を軽減することで、生産性を高めています。このような、従業員の負担軽減が生産性増加につながるという発想を実践している会社は、かつての村山さんのも含め、意外と少ないようです。


[本文]

今回も、ミシュラン一つ星レストラン、ラッセオーナーシェフの村山太一さんのご著書、「なぜ星付きシェフの僕がサイゼリヤでバイトするのか?偏差値37のバカが見つけた必勝法」の中から、私が気づきを得たものについてご紹介したいと思います。「(サイゼリヤでは)スタッフの負担を減らすために、徹底的に仕組みを考えています。例えば、業務用の厨房では、グリストラップという、油脂や残飯、野菜くずなどが、下水に流れるのを防ぐ装置を設置しなくてはなりません。

この装置の掃除はたいへんで、僕の店では、週3回、3時間かかっていました。ところがサイゼリヤでは、週1回、9分でできるような掃除のしかたをしています。それどころま、掃除をしなくていいグリストラップも開発してしまったのです。3時間も油でギトギトになった装置を掃除するのは苦痛でしかありません。(中略)それが9分で済むなら、楽勝です」(110ページ)

厨房設備の改良は、多店舗展開している会社でなければ行えないという面もあると思います。ただ、それを実行できるかどうかは別として、村山さんがいままで経験してきた飲食店では、きつい作業があっても、それは、従業員が耐えるべきものという価値観の職場ばかりだったことから、サイゼリヤの方針を見て、村山さんの考え方を変えるきっかけになったようです。

一見すると、このサイゼリヤの設備の合理化による改善は、当たり前のように思えるかもしれませんが、まだ、経営者の方の中には、「商品のできばえはどうか」、「顧客は自社を評価しているか」ということばかりを気にかけ、一方で、労働環境については、「従業員の労働環境がきつくても、それは成長の過程で避けられないもの」という大義名分で改善を怠っている方もいるのではないかと思います。

でも、本当は、「従業員が働きやすい職場づくり」→「よりよい製品の製造や商品の販売」→「顧客の満足」というプロセスをつくるべきなのですが、労働環境の改善は意外と見落とされがちだと、私は感じています。ちなみに、村山さんご自身のお店のグリストラップを改良したのかどうかはわかりませんが、村山さんは、この気づきによってラッセの生産性を高め、2019年の売上高を前年の2.2倍、同年のひとりあたり労働時間を前年から4割減にすることができたそうです。

2021/10/18 No.1769

f:id:rokkakuakio:20211015221232j:plain

 

おいしい料理より黒字経営

[要旨]

ほとんどの会社経営者は、自社の事業を黒字もすることが最優先と考えつつも、実際の行動は、事業へのこだわりなどを最優先してしまうことも少なくないようです。そこで、事業は経営という大きなくくりの中の一部と考え、事業そのものよりも、事業を黒字にするための活動を優先することが大切です。


[本文]

山手線目黒駅の近くにある、ミシュラン一つ星レストラン、ラッセオーナーシェフの村山太一さんのご著書、「なぜ星付きシェフの僕がサイゼリヤでバイトするのか?偏差値37のバカが見つけた必勝法」を拝読しました。同書からは、いくつかの気づきを得られましたので、今回から、数回に分けて、それをご紹介したいと思います。今回は、「おいしい料理より黒字経営」についてです。

「やっぱりぼくは料理人であると同時に、経営者なので、おいしい料理をつくることと、お店を黒字にすること、どちらが大切かといえば、圧倒的に後者なんです。もちろん、料理を軽視しているわけではありません。ラッセのキッチンでは、いつも真剣に勝負をしていますし、どこよりもおいしい料理を提供している自信はあります。ただ、料理は経営という大きなくくりの中の一部でしかないんです。ホールでのサービスや、営業、マーケティングなんかもそうです」(84ページ)

この村山さんの言葉は、ほとんどの方が賛同されると思います。でも、意外と、黒字経営を最優先している経営者の方はあまり多くないと、私は感じています。村山さん自身も、かつては、ミシュランの星を落とさないことを最優先し、おいしい料理を提供するために長時間労働が続いたそうです。

その結果、お店が疲弊してしまったことから、お店の存続に危機感を感じ、そのことが、村山さんが、サイゼリヤに学ぼうとするきっかけになったようです。村山さんに限らず、ほとんどの会社経営者の方は、事業が黒字になることを望んでいるとは思いますが、必ずしも、すべての経営者の方が、事業を黒字にすることを、直接的に、最優先しているとは限らないようです。

村山さんは、自分のレストランを星付きにしたいと考えているわけですが、事業の赤字が続いて店がなくなってしまえば、星を付けてもらうこともできなくなります。まず、事業がうまくいくことが先であり、次に、星付きのレストランを維持するという、当たり前の優先順位は、意外と見落とされがちだということを、村山さんの本を読んで、改めて感じました。

2021/10/17 No.1768

f:id:rokkakuakio:20211014214012p:plain

 

仕組みでモチベーションを高める

[要旨]

中国では、配車アプリの導入によって、タクシーの運転手を顧客が評価できるようになったことから、接客姿勢が大幅に改善しました。このような、情報技術を活用した仕組みづくりにより、顧客満足度が向上し、また、従業員も正当に評価されるようになります。


[本文]

弁護士の向井蘭先生のPodcast番組を聴きました。向井先生によれば、かつて、中国のタクシーは、運転手の接客がぞんざいだったものの、近年、配車アプリが使われるようになってからは、運転手は丁寧に接客するようになったそうです。その理由は、乗客は、タクシー利用後に、配車アプリで運転手の接客についてアンケートを求められ、その内容によって、会社が運転手を評価するからだそうです。

ちなみに、日本の一部の飲食店やサービス業でも、利用者にアンケートを求め、その結果を従業員の評価に活用しているようです。このような仕組みについては、賛否両論あると思います。否定的な見方としては、従業員が、アンケートの結果を意識しすぎてしまうと、顧客の過剰な要求を受け入れざるを得なくなってしまったりするなど、働きにくくなる可能性があるからです。

したがって、私は、従業員の評価に関し、経営者や管理者が、顧客のアンケートの結果に比重を置き過ぎないよう、配慮が必要だと思います。ただ、基本的には、アンケート結果を評価の材料として活用することはよいことだと思います。というのも、それは、従業員の努力に、直接的に、報いることになるからです。情報技術の進展によって、このような仕組みを活用することは、経営者や従業員の双方にとって有益であると思います。

2021/10/16 No.1767

f:id:rokkakuakio:20211013201448j:plain

 

ブレインストーミングの真の目的

[要旨]

ブレインストーミングは、創造的なアイディアを出す手法と考えられていますが、実は、他の手法よりも劣ります。しかし、知識やノウハウが共有され、個人プレイではなくチームで課題解決に取り組む組織風土が作り出されるという効果があります。


[本文]

九州大学ビジネススクールの松永正樹准教授が、ブレインストーミングについて、Podcast番組でお話しておられました。松永准教授によると、「創造的なアイディアを出す手法と考えられているブレインストーミングは、実は、与えられた課題に対して、より優れた解決策を見出すという点においては、実はマイナスの効果をもたらすことが知られている」そうです。

というのは、「例えば、プロジェクトの責任者が、信頼出来る相談相手と熟慮を重ねながら解決策を練り上げて吟味するといったものと比べると、質が落ちる」そうです。では、ブレインストーミングは役に立たないのかというと、そうではないようです。

ブレインストーミングをすることによって、各メンバーが持っている知識やノウハウが共有され、個人プレイではなくチームで課題解決に取り組む組織風土が作り出される。そして、この知識の共有やチームプレイの文化から素晴らしいソリューションが生まれてくるという、二段構えのプロセスがある」と、松永准教授は指摘しています。すなわち、ブレインストーミングは、組織内での知識の共有と、チームプレイの体験による組織能力の向上という成果があるということです。

そして、同様のことは、5S活動や、QCサークルにも当てはまると、私は考えています。両者とも、整理整頓や、改善活動そのものよりも、組織的な活動で成果を得るという経験を通して、組織としての能力を高めたリ、構成員の満足度を向上させたりする効果が大きいと言えます。組織の能力を高めるための方法は、何か、特別で高度な方法が、必ずしも必要になるということではありません。

2021/10/15 No.1766

f:id:rokkakuakio:20211012211120j:plain

 

優秀でない人をマネジメントするスキル

[要旨]

大きな会社では、上下関係が明確なので、肩書で部下を動かすことができますが、小さな組織では、その論理は通用しません。そこで、独立して起業する人は、優秀でわがままな人や、あまり優秀でない普通の人を上手に活用するマネジメントスキルが必要です。


[本文]

今回も、経営コンサルタントの瀧本哲史さんのご著書、「僕は君たちに武器を配りたい」から、私が気づいたことについてご紹介したいと思います。同書に、瀧本さんは、大手コンサルタント会社などでマネージャー経験を持つ人が、独立したあとに失敗した事例について書いていました。というのは、独立したあとに、目をつけていたかつての部下を引き抜いたものの、その部下は、独立前のように、従順に動いてくれなくなったというものです。

なぜなら、大きな組織の中では、上下関係が明確になっているので、部下は上司の指示に従うものの、その組織を外れると、その関係は通用しなくなるわけです。そこで、自社で、直接、従業員を雇い入れて育成しようとすると、あまりにもレベルが低くて、手を焼く結果となるそうです。

これについて、瀧本さんは、リーダーには優秀だがわがままな人をマネージする能力も大切だが、それより、優秀でない人をマネージするスキルも大切だと指摘しています。そして、瀧本さんは、そのような能力を発揮している会社として、大手の運送会社を例に挙げています。その会社は、訳ありの人材が入社してくるものの、上手にマネジメントすることで、勤勉でさわやかな従業員に育成し、収益をあげているそうです。すなわち、その会社の収益の源泉は、荷物の運送よりも、人材マネジメント能力と言えるということです。

私も、これまでご支援してきた中小企業を見ていると、決して優秀とは言えない人ばかりが入社してくるものの、その人たちの優れた部分をじょうずに活かしている会社は業績もよいと感じています。むしろ、そのような会社の経営者の方からは、私もマネジメントのお手本にさせてもらっています。

ただ、前述の例のように、人材のマネジメントスキルが十分でないにもかかわらず、独立して失敗してしまうという人の例も、少なくないようです。これは当然のことですが、事業活動は組織的な活動なので、小さな会社であっても、経営者になろうとする人は、マネジメントスキルも身に付ける必要があるということを、瀧本さんの本を読んで、改めて感じました。

2021/10/14 No.1765

f:id:rokkakuakio:20211011172020j:plain

 

安いけれど着ていて恥ずかしくない服

[要旨]

ユニクロは、コモディティ商品を販売していますが、会社のイメージや、先進的な経営をしているという評価を得ることで、商品の競争力を高めました。このように、現在は、商品の競争力は、商品そのもの以外の要素も大切になっています。


[本文]

前回、経営コンサルタントの瀧本哲史さんのご著書、「僕は君たちに武器を配りたい」の内容から、自社の事業がコモディティ化しない6つの方法を紹介しました。今回は、コモディティ商品を販売していながら、事業を大きく成長させたユニクロファーストリテイリング)の例について述べたいと思います。瀧本さんは、ユニクロが成功した理由を、次のように指摘しています。

すなわち、消費者が服を購入するときに重視することは、「着ていても恥ずかしくないこと」と、「価格が安いこと」の2つであることを、ユニクロが発見し、それを実現したからだということです。具体的には、ユニクロの販売している商品は、中国で大量生産しているコモディティ商品でありながら、同社は、CI(コーポレートアイデンティティー)を導入して、都会的でグローバルなイメージを作り出したり、社長の柳井さんがテレビに頻繁に出演して、先進的な経営を行っているということを訴えたことから、同社商品は、価格が安いにもかかわらず、着ていても恥ずかしくない服と認識されるようになったようです。

この事例から学べることはひとつではないと思いますが、私は、ユニクロが売っているのは、商品そのものよりも、会社の仕組み(システム)だということを挙げたいと思います。すなわち、現在は、商品そのものだけでなく、会社そのものを商品と考える視点も大切になると、私は考えています。ユニクロの事例に似た例としては、私は、Apple社やスターバックスコーヒーが該当すると思っています。この2つの会社は、商品そのものよりも、会社自体が顧客から支持されているので、高い顧客ロイヤルティを維持していると考えられます。

ただ、中小企業が、ユニクロやApple社と同じ戦略を実践することは、直ちには難しいかもしれませんが、商品の競争力を高めるには、商品以外の要素も大切になってきているということです。これを言い換えれば、競争力を高めるには、どういう商品を販売するかという事業の面だけでなく、どういう仕組みで売るかという、管理面、経営面での視点も持つことが大切だということです。これをひとことでいえば、ものでの勝負ではなく、しくみでの勝負ということです。

2021/10/13 No.1764

f:id:rokkakuakio:20211010174823j:plain

 

事業をコモディティ化させない方法

[要旨]

自社の事業をコモディティ化させないようにするためには、マーケター、イノベーター、リーダー、インベスターなどの機能を発揮することが求められています。このような機能からの改善アプローチを実践している会社はあまり多くないので、これらを実践できる能力を身に付けた経営者が経営する会社の競争力は高まります。


[本文]

前回、経営コンサルタントの瀧本哲史さんのご著書、「僕は君たちに武器を配りたい」の内容から、自社商品がコモディティ化すると、競争力が低くなるということをご紹介しました。それでは、自社商品(サービス)がコモディティ化しないようにするにはどうすればよいのかということについてですが、瀧本さんは、漁師を例に、6つのタイプを挙げています。

(1)とれた魚をほかの場所に運んで売ることができる漁師(トレーダー)、(2)ひとりでたくさんの魚をとるスキルを持っている漁師(エキスパート)、(3)高く売れる魚を作り出すことができた漁師(マーケター)、(4)魚をとる新たな仕組みを作り出す漁師(イノベーター)、(5)多くの漁師を配下に持つ漁師集団のリーダー(リーダー)、(6)魚をとるための漁船と網を保有している投資家的な漁師(インベスター)

ただし、瀧本さんは、トレーダーとエキスパートは、今後、生き残りが難しくなると指摘しています。なぜなら、トレーダーについては、最近は、インターネットによって、生産者と需要家が直接商取引を行えるようになってきたので、必要とされなくなってきているからだそうです。また、エキスパートについては、時代の変化の速度が速くなってきているので、エキスパートの持つスキルの優位性が、短期間で失われるからだそうです。ということは、これからは、マーケター、イノベーター、リーダー、インベスターの機能を発揮できる会社や経営者が生き残れるということになります。

これらの瀧本さんの考え方の詳細については、割愛しますが、いずれにしても、ビジネスで生き残るかどうかは、どういった事業をするかではなく、どのように事業に臨むかで決まるということは確かだと思います。私も事業改善のお手伝いをするときは、どのようにビジネスに臨むかという面からの改善のアプローチをしています。なぜなら、ビジネスにどう臨むかということについて考えている経営者の方は、実態としては、あまり多くないからです。でも、これを言い換えれば、ビジネスにどう臨むべきかを考え、それを実践することができれば、ライバルとの競争に優位に展開できるということでもあります。

2021/10/12 No.1763

f:id:rokkakuakio:20211009133824j:plain